Jumper T-liteでExpressLRSが起動!!

ドローン(Drone)

Jumper T-lite ようやくExpressLRSが動いた!・・・というキロク

Jumper T-lite専用のExpressLRSをテスト的に付けてみて、ようやく電源が入ったんだけど、ここでミスに気付く😅
実は ExpressLRS Configurator でWifi用にBuildしたけど、ウチのPCはWifiなかった😱 アホーだな。

そこで、USB接続でやり直します。


ExpressLRS Configurator を起動して、

このように入力しました。今度はUSB接続なので、 UARTをチェックします。

続きはこうしました。Custom binding phrase はパスワードみたいなもんです。英数字で。いつ使うんだろう?


ここでPCとTXモジュールをUSB接続しました。

ExpressLRS Configuratorに戻り、

ここに何入れたらいいの? 「はてな」を押すと、
「大抵は 何も入れなくていい」みたいに書いてあるぞ。

ということで Build &Flash をクリック!でも・・・

あらーダメでした。ポートがわからんらしい。

調べたら、USBドライバーが認識されていないようです。そう言えばそんな情報もあったなぁ。

CP2102 USB to UARTドライバーというものが無いらしい。
更新もできず・・・どこかへ探しに行かないといけないというのを思い出す・・・


ネットを探すと、ありました!
ここの、ダウンロードから、
マル印のヤツをダウンロードします。これを解凍して、

こうなりました。


 

TXモジュールとPCをUSB接続して、デバイスマネージャーを起動します。

CP2102・・・をクリックして、

ドライバーの更新を押して、

場所を指定します。

私は、ダウンロードフォルダに解凍したので↑こんな感じ。次へ。

上手く行ったようです!!

注意マークが無くなった! 私の場合、COM5ポート らしい。


ExpressLRS Configurator に戻ると、

COM5 が出ました!選択します。

今度こそイケるんじゃないか! Build &Flash をクリック!!

完了したようです。ELRS.luaをダウンロードしました。(Download LUA SCRIPT をクリック)


ELRS.luaをプロポにコピーするため、Jumper T-liteのSDカードを抜いてPCに接続します。

Toolsの中にある(以前コピーした)、ELRS.luaを新しいもので上書きします。

コピーするだけ。カンタンです。


SDカードを戻して、Jumper T-liteの電源をON! ELRSのファームのバージョンを確かめます!

01020のようです。更新前は、

d9d30e だったので、確実にUPしているぞー!わからんけど😅

長かったなぁ。

あとは・・・Happymodelさん、初夢お年玉 ということで、技適をお願いします。